会 社 概 要

社名 株式会社プラチナエッグ
設立年月 2002年12月16日
資本金 1,000万円
年商 1億7,000万円
代表者 竹村也哉
取締役一覧 竹村也哉
宮坂尚志
永見卓也
Eメール recruit mail
従業員数 35名
取引先銀行 三菱 UFJ銀行
ジャパンネット銀行
主要取引先 株式会社バンダイナムコゲームス
株式会社オーパス
株式会社インセル
株式会社サイバード
株式会社Cygames
ソネットエンタテインメント株式会社
その他多数
業務内容 iOS / Android向けアプリ開発企画開発ソーシャル
アプリ開発企画開発
WEBコンテンツ企画開発
仮想通貨関連エンタテイメント企画開発
家庭用ゲーム機対応ゲーム企画開発
電子玩具の開発
ゲームを対象とした作曲
所在地 〒113-0033
東京都文京区本郷2丁目29−1 渡辺ビル101



プラチナエッグのメリット

ビジネスプランニングからゲーム企画の仕様構築からゲーム開発の全行程を安心してお任せいただける経験と技術!

 開発メンバーの大半は大手コンシューマーゲーム開発者で構成されており、各々が10年以上様々なプラットフォームでの開発実績を有します。

もちろん、部門ごとの開発委託もOK!

特にプログラマーはサーバー・クライアント共に強力な布陣で固めており、運営後のサポートも万全です。

ビジュアル部門は2Dイラスト・3Dモデルの其々がチームで取り組み、経験豊かなアートディレクターが監修だけに留まらず責任をもって修正、仕上げまでを担当します。

SpineやLive2Dを用いたアニメーションのご依頼も大歓迎、またIPものの開発実績も多数、版元とのやりとりも心得てます。

その他、世界観・ストーリーシナリオ・音声収録に至るまで当社にお任せ頂けば全て、プラチナ品質の結果でお応え致します!



沿 革

2002 株式会社プラチナエッグ設立
ベネッセ様向け電子玩具開発を受託
BANDAI様向け知育電子玩具を開発開始
携帯電話向け、家庭用機向けゲーム開発開始
2008 iPhone向け開発開始
2009

mixi, モバゲータウンなどにてアプリを公開
Social Game開発開始
Mobage Open Platform 先行開発パートナーとしてアプリ運営を開始

2010 株式会社GMO インターネットと 株式会社GameLoreを設立
GMOアプリやろうぜプロジェクトにおいて、2タイトルをリリース
2011 各社プラットフォーム向けスマートフォンゲーム作成に特化
2014 株式会社NextNinjaと業務提携.株式会社Ninja Eggを設立. グランドサマナーズ等 大規模アプリを共同開発
2016 株式会社リアルアンリアル,株式会社リアルワールドゲームスとともに仮想通貨エンターテイメントアプリを開発