クロスリンク、アルゴランド財団からの助成金を獲得

2021年11月12日 - プラチナエッグ株式会社(以下、「プラチナエッグ」といいます。(プラチナエッグ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:竹村成哉)は、同社が運営する位置情報連動型ブロックチェーンゲーム「CrossLink」にアルゴランド・ブロックチェーンを組み込むため、アルゴランド財団から助成金を受けたことを発表しました。

CrossLinkは、日本企業として2社目のアルゴランド財団からの助成金獲得となります。

今回の助成金の授与により、CrossLinkへのAlgorandウォレットの統合、CrossLinkでのユーザーへのAlgoトークンの配布の実現とAlgorandでのNFTの発行などが行われます。株式会社プラチナエッグとブロックチェーンゲーム「CrossLink」は、今後、ゲーム & ブロックチェーン& ミックスド・メタバース(※)を目指し、海外の著名な「Algorand」コミュニティと連携し、海外ユーザーの拡大を図っていきます。また、商品数の拡大も積極的に行っていきます。

具体的なパートナーシップの詳細については、随時発表していきます。

アルゴランド財団について

アルゴランド財団は、シルビオ・ミカリ氏と一流の科学者チームによって最初に設計されたAlgorandプロトコルとオープンソースソフトウェアを活用して、ブロックチェーン技術のグローバルな約束を果たすことを目的としています。アルゴランド財団は、オープン、パブリック、パーミッションレスのブロックチェーンを確立することを信念とし、公平で真にボーダーレスな経済の可能性を活用する機会をすべての人に提供する、包括的なエコシステムのビジョンを持っています。
詳細は https://algorand.foundation をご覧ください。

アルゴランド(Algorand)について

アルゴランドは、Future of Finance (FutureFi)を実現するための技術を開発しています。チューリング賞を受賞した暗号学者のシルビオ・ミカリによって設立されたアルゴランドは、Defi、金融機関、政府がFutureFiにスムーズに移行するために必要な大量の取引を処理するための相互運用性と容量を提供するブロックチェーンインフラを開発しました。700以上のグローバル組織に選ばれている技術であるアルゴランドは、次世代の金融商品、プロトコル、価値の交換をシンプルに実現しています。
詳細については、www.algorand.com をご覧ください。

クロスリンクとは

クロスリンクは、リアルとバーチャルが繋がるゲームをコンセプトに、「片手間にゲームをプレイできる」放置型GPS連動ブロックチェーンゲームです。
ゲーム内でヒーローを目的地に向かわせて敵を倒すことで、完全放置でもアイテムや装備品を獲得することが可能です。ヒーローを強化して行動範囲を広げたり、他のプレイヤーと協力してレイドボスと戦い、その貢献度によってより多くの報酬を獲得することができます。
また、ゲーム内のアイテムを取り出してリアルマネーや仮想通貨で売買できるNFTマーケット「TOKENLINK」などの運用も行っております。
今後、ゲーム内でも利用できる日本円ステーブルコインをアルゴランド上で発行することも予定しています。

【ミックスド・メタバースについて】

メタバースとは、インターネット上のバーチャルな空間に作られた仮想世界を指します。
現在、様々なチームがメタバースの構築を目指しています。
クロスリンクではリアルな緯度経度を持った土地トークンをベースに、バーチャルな地球を構築しています。
ミックスド・メタバースはクロスリンクでの造語で、ゲームや、リアルビジネスなど、様々なモノがリンクされたメタバースを指します。
実際の場所と連動したビジネスや、ゲーム内だけで完結するビジネス、そしてアート、音楽など、様々なモノが連続となった「拡張された仮想世界」をクロスリンクでは目指しています。

【クロスリンク概要】

タイトル  :クロスリンク
ジャンル  :放置型GPS連動RPG
料金  :基本プレイ無料(アイテム課金制)
プラットフォーム :App Store、Google Play
公式サイト :https://www.crosslink.world/
公式Twitter :https://twitter.com/magiclandprj

【関連リンク】

HP: https://www.tokenlink.io/
Twitter:https://twitter.com/magiclandprj
Telegram:https://t.me/magiclandprj

本件に関するお問い合わせ
nftsupport@platinum-egg.com

世界初 NFT puzzleクリエイターサイト”PuzzleLink” PuzzleLinkのNFT、4分半で完売!

株式会社プラチナエッグは2021年10月5日(火)より、Non-fungible パズルサイト PuzzleLinkの公開を始め、開始から約4分半での完売となる異例の速度を達成しました。

https://puzzlelink.io/

NFT界隈は、現在非常に活況を呈しておりますが、売れるNFTと売れないNFTの差が大きく開いてきている状況です。
この中で、異例の速度での販売が達成できたのは、PuzzleLinkの技術の先進性、プロジェクトの将来性が認められたものだと思っております。

PuzzleLinkのNFTは
・設問
・サムネイル
など、全てフルオンチェーンで作られております。
フルオンチェーンのNFTは昨今の流行で、 約一週間で200億円以上の時価総額をたたき出した Loot等もフルオンチェーンで作られており、またCryptoPunksも8月にフルオンチェーン化されており、NFT業界の最先端にあります。

引き続き、PuzzleLinkの完成に向けて頑張って進むのと、パズルクリエイターを募集しています。
puzzlelinkのtwitterなどにご連絡いただければ幸いです。
Twitter:https://twitter.com/puzzledao

これからもプラチナエッグは先進的なNFTの使い方を模索していきたいと思います。


【PuzzleLinkについて】


PuzzleLinkは
NFT販売による、パズルクリエイターへの直接の収益化のチャンス
クリエイター重視の施策により、良質のパズルが集まるサイト
パズルクリエイター・良質のパズル・パズルファンが集まるエコシステム

を目指す、ブロックチェーンを用いたパズルサイトです。


【NFTについて】

ブロックチェーン上で取引される代替不可能な固有のパラメータを持った、唯一無二の「一点物」の価値を持つ資産です。
主にブロックチェーン ゲームやアート領域で使用されており、高価なものでは数十億円以上での取引が行われています。

【フルオンチェーンNFTについて】

アートワークやパラメータなど、全てがスマートコントラクトなどのブロックチェーン上に保存されているNFTです。
将来的にもデータの改ざんが行われる可能性が低く、価値が高くなると言われています。

【NFTパズルについて】

ブロックチェーン上のNFTに設問データを書き込むことにより、パズルの価値を再発明し、評価されることを目指したNFTです。
パズルの特性として、回答の公開が無くとも設問を公開することが可能なため、フルオンチェーンのパズル設問を作ることが可能です。
NFTパズルは、プラチナエッグが提唱する概念ですが、これから徐々に普及してくると考えています。

【DAOについて】

自律分散型組織(Decentralized Autonomous Organization)の略です。
ブロックチェーン・トークンのインセンティブに基づき、参加者にそれぞれのメリットをもたらし、スマートコントラクトで管理されていることが多いです。

【IOSTについて】

次世代コンセンサスアルゴリズム"Proof of Believability(PoB)"に基づく超高速の分散型ブロックチェーンネットワークです。分散型経済のセキュリティとスケーラビリティのニーズを満たすオンラインサービスの基盤となるアーキテクチャを目指しています。ディプロイ後の修正機能を備えた、JavaScpritをサポートする、スマートコントラクトと限りなく低い開発コストは、エンタープライズソリューションとして受け入れられます。

URL:https://iost.io

【関連リンク】
HP: https://puzzlelink.io/
Twitter:https://twitter.com/puzzledao
Discord:https://puzzlelink.io/

本件に関するお問い合わせ
support@platinum-egg.com

世界初 NFT puzzleクリエイターサイト"PuzzleLink" 遊べるNFTサイト"PuzzleLink"のNFT販売開始!

株式会社プラチナエッグは2021年10月5日(火)より、Non-fungible パズルサイト PuzzleLinkの公開を始めます。

https://puzzlelink.io/

PuzzleLinkは パズルクリエイターの集まるサイトとして、世界最大のパズルサイトを目指していきます。
昨今話題になっている NFTやブロックチェーンを用いて、パズルクリエイターの集まる、クリエイターにも収益を還元するサイトをつくって行ければと考えています。

NFTを用いたパズルのサイト、クリエイターに収益が還元されるサイトは類をみないもので、将来的にも成長を期待できるジャンルです。

PuzzleLinkでは将来的に各種のパズルをリリースしていく計画です。
第一弾としてナンバープレイスのゲームをリリース予定で、そのNFTを10/5より販売します。

PuzzleLinkのNFT所有者には、将来的にPuzzleLinkの収益が還元されます。
また、PuzzleLink自体はDAOを指向して作られています。

また、PuzzleLinkのNFTは、パズルの設問データ、およびサムネイル情報も全てスマートコントラクトとして作られており、昨今話題の「フルオンチェーンNFT」として実装されています。

またPuzzleLinkのサイト上で実際にパズルを遊んで、トークン収益などを得られるようにするためにIOSTを使用する予定です。

PuzzleLinkは
NFT販売による、パズルクリエイターへの直接の収益化のチャンス
クリエイター重視の施策により、良質のパズルが集まるサイト
パズルクリエイター・良質のパズル・パズルファンが集まるエコシステム

を用い、パズルファン・パズルクリエイターによる世界を実現します。

これからもプラチナエッグは先進的なNFTの使い方を模索していきたいと思います。

【NFTについて】

ブロックチェーン上で取引される代替不可能な固有のパラメータを持った、唯一無二の「一点物」の価値を持つ資産です。
主にブロックチェーン ゲームやアート領域で使用されており、高価なものでは数十億円以上での取引が行われています。

【フルオンチェーンNFTについて】

アートワークやパラメータなど、全てがスマートコントラクトなどのブロックチェーン上に保存されているNFTです。
将来的にもデータの改ざんが行われる可能性が低く、価値が高くなると言われています。

【NFTパズルについて】

ブロックチェーン上のNFTに設問データを書き込むことにより、パズルの価値を再発明し、評価されることを目指したNFTです。
パズルの特性として、回答の公開が無くとも設問を公開することが可能なため、フルオンチェーンのパズル設問を作ることが可能です。
NFTパズルは、プラチナエッグが提唱する概念ですが、これから徐々に普及してくると考えています。

【DAOについて】

自律分散型組織(Decentralized Autonomous Organization)の略です。
ブロックチェーン・トークンのインセンティブに基づき、参加者にそれぞれのメリットをもたらし、スマートコントラクトで管理されていることが多いです。


【IOSTについて】

次世代コンセンサスアルゴリズム"Proof of Believability(PoB)"に基づく超高速の分散型ブロックチェーンネットワークです。分散型経済のセキュリティとスケーラビリティのニーズを満たすオンラインサービスの基盤となるアーキテクチャを目指しています。ディプロイ後の修正機能を備えた、JavaScpritをサポートする、スマートコントラクトと限りなく低い開発コストは、エンタープライズソリューションとして受け入れられます。

URL:https://iost.io

【関連リンク】

HP: https://puzzlelink.io/
Twitter:https://twitter.com/puzzledao
Discord:https://puzzlelink.io/

本件に関するお問い合わせ
support@platinum-egg.com

大量のNFTを一括生成! ジェネレーティブアートNFT作成支援サービス開始

株式会社プラチナエッグは2021年8月25日(水)より、「ジェネレーティブアートNFT作成支援サービス」を開始いたしました。

https://www.platinum-egg.com/NFT-publishing/

ジェネレーティブアートNFTは最近ブロックチェーン業界において話題を多く集めており、世界最大手のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaでも大量に出品、取引がおこなわれている注目のアイテムです。

ただ、NFT化には専用のスマートコントラクトが必要であることや、大量の画像を作成する必要があるなど、技術的なハードルが高く、参入の難しい物となっております。

株式会社プラチナエッグでは、自動的なアルゴリズムによる画像合成のエンジンや、NFT発行を行うノウハウを元に、NFT化する技術をもたないクリエイターの方々でもお手軽な初期費用でご自身の作品をジェネレーティブアート化し、NFTとしてブロックチェーン上に作成することができるよう、ジェネレーティブアート作成支援サービスを提供いたします。

また、作成するジェネレートアートNFTの宣伝、集客のためのコミュニティ作成の支援も行ってまいります。その他、NFTを扱うプロジェクトの企画についてのご相談など、NFT関連プロジェクト立ち上げのサポート事業も予定しております。

【ジェネレーティブアートNFT について】

ジェネレーティブアートNFTとは、パーツ分けされたイラスト、テクスチャ、3Dモデルなどのデータから、ランダムに組み合わせるアルゴリズムを用いたプログラムによって画像を生成し、ブロックチェーン上に唯一無二のアート作品として保持したデジタルアイテムです。

昨今、ジェネレーティブアートについては高額の取引がおこなわれた複数のプロジェクトが生まれており、非常に話題を集めております。

世界最大手のNFTマーケットプレイスOpenSeaのトップチャートでは、「CyrptoPunks」「0N1 Force」「Bored Ape Yacht Club」といったジェネレーティブアートNFTを扱ったプロジェクトが活況を呈しており、一日に10億円を上回る規模で取引が行われています。
出展元:Top NFTs by Market Cap https://opensea.io/rankings?locale=ja

【自動生成されたNFTの例】

弊社による自動的に生成されたNFTの例として、「CryptoDerby」では3Dモデルの競争馬がNFT化され、様々な見た目を持った競争馬が世界最大手のNFTマーケットプレイスOpenSeaにて取引されております。
参考リンク:CryptoDerby Marketplace on OpenSea: Buy, sell, and explore digital assets https://opensea.io/collection/cryptoderby?search[sortAscending]=false&search[sortBy]=PRICE&collectionSlug=cryptoderby&locale=ja

【NFTについて】

ブロックチェーン上で取引される代替不可能な固有のパラメータを持った、唯一無二の「一点物」の価値を持つ資産です。
主にブロックチェーン ゲームやアート領域で使用されており、高価なものでは数十億円以上での取引が行われています。

【関連リンク】

遊べる広告 サイト AdLinkにてJPYA, USDAが利用可能に

株式会社プラチナエッグは2021年7月7日(火)より、Non-fungible 広告サイトAdLinkにて ステーブルコイン、JPYA および USDA が利用可能となった事を2021年7月12日に発表しました。

https://adlink.best/

ステーブルコイン JPYAは日本円での購入が可能なため、取引所などで仮想通貨口座を作っていない方でも、TOKENLINKを利用することが出来るようになり、AdLinkの利用者の幅が広がります。

AdLinkは世界初、ブロックチェーン上に作られた、Non-fungible の広告サイト “Non-fungible Ad”としてリリースします。

Non-fungible の広告サイトは世界初となります。

JPYAが使用できるウェブサービスは、LandSale、TokenLInkに続いて3つ目となります。

また、本リリースを記念して、JPYA販売サイトにて、JPYAを1000円以上購入頂けたユーザーに、IOSTアカウントの作成を無料で行うキャンペーンも行っております。

これからもプラチナエッグは先進的なステーブルコインの使い方を模索していきたいと思います。

【JPYAについて】


JPYA(JPY Asension coin)は1JPYA=1円で取引される前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコインです。より多くの方々に前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコインをご利用いただくため、2021年5月13日、販売を開始しました。

JPYAの公式ページはこちら
https://www.coinlink.exchange/jpya/

【JPYAの特徴】


・前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコイン
・どなたでも購入可能
・日本円 / BTC / ETH / IOSTで購入可能

JPYAはJPYA公式ページからどなたでも購入可能です。
JPYAは、今回利用が可能となったADLINK以外にも、TOKENLINKや、プラチナエッグで運営する様々なサービスで今後利用可能になる予定です。
将来的にはDAOとして、遙かに広い経済圏で使えるところを目指して動いています。

【JPYAが解決する問題】


ビットコインやイーサリアムなどブロックチェーンを活用した決済手段が2010年前後から台頭しましたが、価格変動が大きく、決済手段としての利用は現実ではありませんでした。また、国内でも複数のステーブルコインが作られ始めましたが、まだ普及に至っておりません。
JPYAは前払式支払い手段扱いのステーブルコインで、高速かつgas代実質無料のIOSTベースで作られています。
少額決済にも用いやすいステーブルコインとしての普及を目指します。


【JPYAを購入する方法】

JPY Ascension coinは2021年5月13日から販売開始しており、JPYA公式ページより日本円・BTC・ETH・IOSTで購入可能です。購入単位は最低1,000 JPYAから、任意の金額をご購入いただけます。

JPYAの購入は以下の公式ページのフォームより申し込みが可能です。
https://www.coinlink.exchange/jpya/

【USDAについて】

USD Asension coin(USDA)は1USDA=1USDで取引される前払式支払手段扱いのアメリカドル連動ステーブルコインです。より多くの方々に前払式支払手段扱いのアメリカドル連動ステーブルコインをご利用いただくため、2021年5月13日、販売を開始しました。

USDAの公式ページはこちら
https://www.coinlink.exchange/usda/


【前払式支払手段扱いのアメリカドル連動ステーブルコイン「USDA」の特徴】

・どなたでも購入可能
・アメリカドル / 日本円 / BTC / ETH / IOSTで購入可能

USDAはUSDA公式ページからどなたでも購入可能です。
USDAは、今回利用が可能となったADLINK以外にも、TOKENLINKや、プラチナエッグで運営する様々なサービスで今後利用可能になる予定です。
将来的にはDAOとして、遙かに広い経済圏で使えるところを目指して動いています。


【NFTについて】

ブロックチェーン上で取引される代替不可能な固有のパラメータを持った、唯一無二の「一点物」の価値を持つ資産です。
主にブロックチェーン ゲームやアート領域で使用されており、高価なものでは数十億円以上での取引が行われています。


【AdLinkについて】

AdLinkは、世界初、ブロックチェーン上に作られた、Non-fungible の広告サイト “Non-fungible Ad”です。
1000x1000、計100万ピクセルの画像をNFTとして販売しています。
初期購入者が購入した区画(ピクセル)は、後から1.35倍の金額で他のユーザーが買うことが出来、その際初期購入者は、購入時の約1.1倍の金額のIOSTを獲得することが出来ます。

またAdLinkでは、広告を見たユーザーが無料でIOSTを受け取れる「ADくじ」「PXくじ」などの仕組みも入っており、これまでになかった「広告を見るだけで儲かる」世界を実現します。

AdLinkは、
・無料くじにより広告閲覧者の増加
・広告枠購入者による、広告枠の入札
・高額広告を出すことが閲覧者への利益にも繋がる、共生共益の世界

を実現します。


【TOKENLINKについて】

TOKENLINKは登録したユーザー間でNFTを売買できるNFTマーケットです。
NFTマーケットはOpenSeaなど海外発のものはありましたが、国内にはまだメジャーではありません。
日本人にとってわかりやすい、日本初のNFTマーケットが必要だと考えて、我々はこのTOKENLINKを作成いたしました。
これからもユーザー様の声を多く取り入れ、使いやすいマーケットを作っていきたいと考えています。

▼TOKENLINK
https://www.tokenlink.io/


【IOSTについて】

次世代コンセンサスアルゴリズム"Proof of Believability(PoB)"に基づく超高速の分散型ブロックチェーンネットワークです。分散型経済のセキュリティとスケーラビリティのニーズを満たすオンラインサービスの基盤となるアーキテクチャを目指しています。ディプロイ後の修正機能を備えた、JavaScpritをサポートする、スマートコントラクトと限りなく低い開発コストは、エンタープライズソリューションとして受け入れられます。

URL:https://iost.io

【関連リンク】

HP: https://adlink.best/
Twitter:https://twitter.com/adlinkproject
Telegram::https://t.me/adlinkproject

本件に関するお問い合わせ
support@platinum-egg.com

他の記事